top of page
  • suzukikanemata

玄米粉で米粉パン!おもてなしおつまみレシピ【焙煎玄米胡麻塩パン】

更新日:2023年2月8日



パン作りとお酒をこよなく愛する某人気ショップのバイヤーが開発したレシピ。 モチモチ食感も素晴らしいが、香ばしい焙煎玄米粉と胡麻塩の風味はおつまみに絶対ピッタリな逸品。


焼きたてはもちろん、次の日でもフワフワだった事に驚愕。 そのまま食べても良し、再びオーブンで焼いても尚良し。


玄米粉を使っている分、通常のものより水分を多く使用したそうな。

また、カルピスバターという超高級な色々凄いバターをふんだんに使用していただいたので、中身の生地のテロっとしていてバター感満載の箇所(名称知らず)が、なんか、もう、すごいかった。(語彙力) とりあえずめちゃくちゃ美味しかったでし。


🥐レシピ🥐

【材料】8個分 ★・強力粉 210g ★・玄米粉 50g ★・きび砂糖 25g ★・塩 3g ★・ドライイースト 3g ・牛乳 200ml ・無塩バター 30g

折込用バター 有塩バター 5g×8個 トッピング用 塩、黒ごま 適量 ■表面に塗る用 オリーブオイル、太白ごま油、溶かしバター、溶き卵 いずれかを使うと良さそうです。

・牛乳と無塩バターは常温に。 ①★をボウルに入れ、ドライイーストめがけて牛乳を入れ混ぜる。 ②ひとまとめになったら手ごねスタート。 10分〜15分こねる。水分量が多ければ小麦粉を追加、粉っぽければ牛乳を追加して、つるんとなるまでこねる。 ③無塩バターを加えて更にこねる。 10分ほどしっかりこねて、さらにつややかになったら丸めてボウルに入れ、一次発酵。 ※一次発酵は30℃で1時間ほど。2倍になるまで。 ④ガス抜きし、8等分に。 有塩バターを5グラムずつ入れ、ロールパンに成形していく。 ⑤表面に■のいずれかを塗り、塩・黒ごまを適量ふり、二次発酵。 ※二次発酵は35℃で30分ほど。 ⑥電気オーブン 210度で14分ほど焼き上げ完成。



ロールパン

閲覧数:11回

Comentarios


bottom of page