top of page
  • suzukikanemata

糖質制限ダイエット中でも安心!低GI値のお米の選び方

更新日:5月6日

近年、糖質制限ダイエットが多くの人々の間で流行しています。

糖質を制限することで、体脂肪の燃焼を助け、健康状態を改善することが目的です。

しかし、糖質制限と聞くと、日本人の主食である「お米」を避けるイメージがあるかもしれません。

炭水化物ダイエット、、私も何の知識も無いころに一度試しました。が、リバウンドして終了しました。。


そんな経験のある方、これから試してみたい方に朗報です!

この記事では、糖質制限中でも安心して食べられる低GI値のお米について探っていきます。




GI値、つまりGlycemic Indexは、食品が血糖値をどれだけ上昇させるかを示す指標です。

この値が高いほど血糖値の上昇が急で、低いほど上昇が緩やかです。

血糖値の急な上昇は、インスリンの分泌を促進し、脂肪の蓄積を招きます。

糖質制限を目的とする場合、低GIの食品を選ぶことが重要となります。


2. お米のGI値の違い


一般的に、白米のGI値は高く、玄米やもち米はやや低めです。

しかし、お米の品種や炊き方、食べ方によってもGI値は変わります。

玄米には食物繊維が豊富で、消化がゆっくりとなるためGI値が低くなります。

また、もち米は粘り気があり、消化の速さが遅れることからGI値が低めです。


3. 低GI値のお米の選び方

低GI値のお米である玄米や胚芽米など、精製されていないお米を選ぶことで、自然と低GI値のお米を選ぶことができます。


  4. 低GI値のお米の美味しい炊き方

低GI値のお米をさらに美味しく炊き上げるポイントとして、浸水時間を十分にとることが挙げられます。

水に浸けることで、お米の粒がふっくらとし、GI値をより低く保つことができます。


5. 糖質制限ダイエットと低GI値お米の組み合わせの効果

低GI値のお米を糖質制限ダイエットに取り入れることで、血糖値の安定や満腹感の持続、エネルギー供給の安定などの効果が期待できます。

特に、長時間のエネルギー持続が求められるスポーツや仕事中には、低GI値である玄米は最適です。




玄米を浸水してよく噛んで食べる、

これが低GIの鉄則です。

糖質制限ダイエット中でも、適切に選び、調理すればお米を楽しむことができます。

お米を上手に取り入れ、健康的な生活をサポートしましょう!



低GIの玄米はこちらから↓ https://kanemata.shop-pro.jp/?pid=155527342



閲覧数:33回

Σχόλια


bottom of page