top of page
  • suzukikanemata

玄米 vs 白米 ~栄養価の違いと健康への影響~

更新日:2023年12月6日



お米は、日本の食文化に深く根付いています。

多くの人が毎日必ず一度は食べていますよね。

この記事では、健康を意識する方々が特に注目する玄米と白米の違いについて

詳しく探っていきます。



1. 玄米とは?

玄米は、稲穂から取り出した粒を乾燥調整し、そのままの形で食べるものを指します。

胚芽や米糠が含まれており、これが玄米の栄養価の高さの秘密です。

特に、ビタミンB1、B2、E、食物繊維、ミネラルなどが豊富に含まれています。




2. 白米とは?

白米は、玄米から胚芽や米糠を取り除き、さらに研磨した米を指します。

この研磨プロセスにより、玄米の栄養成分の一部が失われる一方で、柔らかくて美味しいという特徴があります。





3. 玄米と白米の栄養成分の比較

玄米は、白米と比べて食物繊維が3~4倍も多く、腸内環境を整える効果が期待できます。

また、玄米にはGABAという神経伝達物質も含まれており、リラックス効果や血圧降下作用があります。

しかし、白米はその消化の良さから即座にエネルギーとして利用されやすく、アクティブに動く際には白米のエネルギー供給が適しています。


4. 玄米の健康メリット

玄米には、慢性的な疾患の予防に役立つ成分が多数含まれています。

例えば、ガン予防に効果的なビタミンEや、動脈硬化を予防するリノール酸などが豊富です。

また、食物繊維の豊富さから便秘解消や腸の健康維持に役立ちます。


5. 白米の健康メリット

白米は玄米に比べて食物繊維が少なく、栄養価はやや低めですが、それでもエネルギー供給源としての役割は大きいようです。

また、白米は消化吸収がよく、体への負担が少ないため、体調がすぐれない時や子ども、高齢者の食事として適しています。


6. 注意点とデメリット

玄米は栄養価が高い反面、硬さや特有の風味が苦手な方もいます。また、消化に時間がかかるため、過剰摂取は胃腸への負担となります。

白米は血糖値の上昇が早く、糖尿病のリスクが上がる可能性があるので、他の食品との組み合わせや食事のバランスを考慮することが大切です。





玄米と白米、それぞれにメリットとデメリットがあります。

自分の健康状態や好みに合わせて、適切な選択をすることが大切です。

バラエティに富んだ食事を心がけ、健康的な日常を楽しみましょう!



白米・玄米・HAPARICEの食べ比べセットはこちらから!↓




閲覧数:32回

Comentarios


bottom of page